新人大型トラックドライバー がぶつかる最初の壁

48歳で新人大型トラックドライバー になった私が大型トラックを乗り始めて最初にぶつかった壁というのが車幅感覚であった。特に国道や県道の二車線道路で並行して大型トラックと走る時は左のミラーが隣を走行するトラックのミラーに当続きを読む “新人大型トラックドライバー がぶつかる最初の壁”

乗れるトラックが増えるごとに階級は上がるが・・・

ガソリンを運ぶ仕事にもいくつかあって厳密にいうとトラックの機能ごとにポイントが付与されるのだ。例えばAというトラックは旧来型の設備で手動による荷積み荷下ろしになる。これに乗れれば2ポイント付与される。そして次にBというハ続きを読む “乗れるトラックが増えるごとに階級は上がるが・・・”

横乗り期間とは一体何なのか

新人大型トラックドライバー にとって一番最初にくる試練は「横乗り」である。試練と書くと厳しく暗いイメージを持ってしまいがちだが、この横乗り期間は2度とない貴重な時間と空間になるのである。プロの先輩ドライバーが運転したり助続きを読む “横乗り期間とは一体何なのか”

大型トラックと睡魔について

朝早くに出勤し夜遅まで仕事をしている生活ではどうしても睡眠時間が少なくなってしまいその影響は日中に出てしまう。どんな形で出てしまうかというと「眠くなってしまう」いわゆる睡魔におそわれる、である。これは本当に苦しかった。体続きを読む “大型トラックと睡魔について”

新人大型トラックドライバー にとって最初にすること

結論から言うと、会社に慣れること。私が48歳で石油製品配送の会社に入った時、先輩ドライバーから言われたのが「まず最初にすることは、会社に慣れることだよ」だった。意外だった。会社の規則やら運転技術、積み込み荷下ろしの技術的続きを読む “新人大型トラックドライバー にとって最初にすること”

新人大型トラックドライバー の飯について

今日は主にご飯について。私のことから言うと、基本新人大型トラックドライバーだったのでどこでご飯を食べられるか知らない、路駐する勇気もない、また駐車する技術も未熟だったりでご飯を食べることが一つの高いスキルであったため毎朝続きを読む “新人大型トラックドライバー の飯について”

車間距離は取りすぎても損することは全くない

結論。車間距離は取りすぎても損することは全くない。スピードが出る状況であればスピードに比例して車間距離はあける。私が机上訓練で習ったのは高速道路上では前方を走る車と4秒間距離をあけなさい、ということだった。例えば高速道路続きを読む “車間距離は取りすぎても損することは全くない”

笑いながら怒る怖い先輩

「お前そんなんも出来んのか(笑)」「何度言ったらわかるのかなぁ。それじゃあいつまで経っても無理だね(笑)」 気持ちストレートで怒ってくれるのなら良いのだが、この先輩みたく笑いながら厳しく怒られると何倍も恐くて敵わなかった続きを読む “笑いながら怒る怖い先輩”

当て逃げの嫌疑をかけられる

独り立ちをして配送を任されている頃だった。とある行き慣れたスタンドから「おたくのローリーがうちの車にぶつかったみたいなんだけど」とボス宛に電話があった。私はちょうど他のスタンドで荷下ろしをしている最中だったが、全く身に覚続きを読む “当て逃げの嫌疑をかけられる”

勇気を持って下車確認そして三角コーン

タンクローリー に乗っているといろんなガソリンスタンドへ配送になる。定期で行くところもあれば初めて行くところもあって状況もいろいろである。とにかくスタンド構内というのはいろんな障害物があって物損事故、接触事故を起こす要因続きを読む “勇気を持って下車確認そして三角コーン”