何故人は怒るのか、について考えた結果

結論から言うと、人が怒るのは目の前に自分のコントロール不能な存在を目の当たりにした時だと思う。私は荷下ろし訓練は合格したものの、実際の荷積み荷下ろしではもたつくことが多く先輩から烈火の如く怒られたのだ。「なにヘラヘラして続きを読む “何故人は怒るのか、について考えた結果”

交通心理学を学ぶ ディノーメン

転職が決まったものの実際にトラックに乗るまでにはまだかなり時間があるのと、自家用車で練習といってもサイズが違うので勝手が違うし事前に何か勉強できる具体的なものがないかとずっと考えていた。読書が好きだったので、本から学べる続きを読む “交通心理学を学ぶ ディノーメン”

「お前、この転職失敗だな」と言われる

横乗りをしている時だった。先輩乗務員から「お前、この転職失敗だな。48歳だろ。歳とりすぎだよ」と言われた。このようなことを言われるのは織込み済みだったので大して傷つくこともなく「そうですね」と流しておいた。その先輩は役職続きを読む “「お前、この転職失敗だな」と言われる”

ボスから「リアル地図を使え」と言われた

配送を生業とするものとして配送先を知ることはとても重要で場合によっては幾つものルートを把握しないといけない時もある。危険物を運ぶ場合は許可をを得て通行可能というところもあったりする。大型進入禁止という規制もある。 これば続きを読む “ボスから「リアル地図を使え」と言われた”

『自分の中に毒を持て』岡本太郎著(青春文庫)が背中を押してくれた

18年積み上げてきたキャリアをリセットして全く違う仕事へ転職をするかしないか。私は迷っていた。大型トラックやトレーラーの運転をする仕事をしてみたい。でも年齢は48歳である。未経験である。今やらなければいつやれる?今しかな続きを読む “『自分の中に毒を持て』岡本太郎著(青春文庫)が背中を押してくれた”

自分を疑え!!

私の心の中では教授、プロフェッサーと呼ばれていた(ご本人は知らないし言ったら怒られる)B氏。寡黙であまり言葉数は多くないが仕事に関しては哲学と信念を持っているプロ中のプロだった。教育担当のトップと言っても過言ではない。そ続きを読む “自分を疑え!!”

「綾人サロン」を見て大型トラックに乗ろうと思った

大型トラックに乗るためには、と資料を色々とネットで集めているとき、偶然に見つけたのが綾人サロンだった。このチャンネルを見るにつれ大型トレーラーや大型トラックに乗ってみたいと想いが募るのであった。語りも丁寧でわかりやすく動続きを読む “「綾人サロン」を見て大型トラックに乗ろうと思った”

タンクローリー 乗りの1日、私の場合

am4:00 起床 am4:30 朝食、弁当作り am5:00 洗面、着替え am5:20 出勤 am6:00 〜6:30出社、出勤簿にハンコを押す。ロッカーからヘルメット等の自分の荷物の入ったかごを持って乗務するトラッ続きを読む “タンクローリー 乗りの1日、私の場合”

元タンクローリー 乗りの給与明細公開

年末年始休まずに出勤したことと繁忙期ということもあって時間外労働が増えた。そのおかげで総支給も良くてホクホクだった。ただ、この明細を改めて見ると基本給が低いなあ、と悲しくなる。時間外が少なかったらどうなるのだろう_| ̄|続きを読む “元タンクローリー 乗りの給与明細公開”

「行けえええ!!」の隊長

私たちは峠上にあるガソリンスタンドに向かっていた。私たちとはもちろん1人は私でもう1人は教育担当になったA氏(私の中では隊長)である。 私は生来の優柔不断な性格で交差点侵入時に思いきれず黄色信号のまま通り過ぎたり果ては赤続きを読む “「行けえええ!!」の隊長”