好きな本の好きな一文をあげてみる。

好きな本は『ソクラテスの弁明 クリトン』プラトン著 久保勉訳(岩波文庫)である。そして好きな一文とは いやしくも彼らが徳よりも以上に蓄財その他のことを念頭に置くように見えたならば。またもし彼らがそうでもないくせに、ひとか続きを読む “好きな本の好きな一文をあげてみる。”

外出自粛期間中にアウトプットしたプラトンの本一覧

外出自粛期間中にこのブログでアウトプットしたプラトンの本を一覧にしてみた。 『国家』(上) 『国家』(下) 『国家』(番外編)① ② 『饗宴』 『パイドロス』 『プロタゴラス』① ② ③ 『ゴルギアス』① ② ③ ④ ⑤続きを読む “外出自粛期間中にアウトプットしたプラトンの本一覧”

とりあえず古書店へ行ってみよう!!

外出自粛期間中の家での私の最大のタスクはプラトンの著作を全部読む!!ということである。そうギリシャ哲学の、あのプラトンである。そもそもどうしてプラトンの本を全部読もうかと思ったかと言うと、いきつけの古書店にふらっと入って続きを読む “とりあえず古書店へ行ってみよう!!”