⑤『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)をアウトプットしてみる

5月21日が娘の命日である。その命日の前日にこの『パイドン』を読み終えた。これもなにかの啓示かもしれないと思ってしまった。ついにソクラテスが毒薬を服薬して死ぬのである。ここまで『パイドン』を読んで来て、都度アウトプットし続きを読む “⑤『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)をアウトプットしてみる”

④『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)を少しだけアウトプットしてみる

もう本当に難解なので少しでも理解できたところだけでもアウトプットしておく(でないとどんどん忘れてしまうので)。ソクラテスの言っていることはすごいのだろうけど、理解するのがとても難しい。お弟子さんたちも「たしかに。そうです続きを読む “④『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)を少しだけアウトプットしてみる”

①『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)を途中までだがアウトプットしてみる

題名にもある『パイドン』は人物名である。プラトンの著作の大半が人物名になっているが、この『パイドン』もそうである。パイドンは男性で、アテナイの奴隷市場で男娼として売り出されていたのをソクラテスが助け出したことによりその後続きを読む “①『パイドン』プラトン著岩田靖夫訳(岩波文庫)を途中までだがアウトプットしてみる”

とりあえず古書店へ行ってみよう!!

外出自粛期間中の家での私の最大のタスクはプラトンの著作を全部読む!!ということである。そうギリシャ哲学の、あのプラトンである。そもそもどうしてプラトンの本を全部読もうかと思ったかと言うと、いきつけの古書店にふらっと入って続きを読む “とりあえず古書店へ行ってみよう!!”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)本編を簡単にアウトプットしてみる

2回、2回読んでみたが正直理解はできていない。メモをとったり図式化しながら読んだがやっぱりよくわからない。文章は読みやすくとっかかりやすいのだが、中身が、難解だった。でもアウトプットしておかないと脳に記憶されないのでとに続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)本編を簡単にアウトプットしてみる”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を簡単にアウトプットしてみる

正直1回読んだだけでは理解できないのでもう1回読むつもりだ。プラトンの著作は主にソクラテスの対話篇からなり一問一答式のディアレクティケー(対話の術)なので読みやすい。が、中身を理解するには何度も読み込まないといけないぐら続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を簡単にアウトプットしてみる”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)の解説をアウトプットしてみる

古来文学作品としても定評のあるプラトン対話篇のなかでも、『プロタゴラス』はとくに、そのすぐれた劇的描写力ともいうべきものが、充分に、のびのびと発揮されている作品である。 『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)よ続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)の解説をアウトプットしてみる”

『ゴルギアス』プラトン著加来彰俊訳(岩波文庫)を少しだけどアウトプットしてみる

いつも通りにマーカーで線を引いたところをアウトプットしてみる。 他方、これに対して、もう一方の種類のものは、何が善いことであり、何が悪いことであるかを、よく知っているものである。そしてぼくは、快楽を目標とするほうの仕事に続きを読む “『ゴルギアス』プラトン著加来彰俊訳(岩波文庫)を少しだけどアウトプットしてみる”

室内でできるトレーニング。非常事態宣言時に粛々とできるもの。

ずばり。筋トレと読書。この二つがあれば最強だ。では、筋トレについて。私の場合、懸垂マシーンと腹筋マシーンとダンベルをアマゾンで電撃的に購入してからと言うもの毎日欠かさずトレーニングをしている。とある説によると、ウォーキン続きを読む “室内でできるトレーニング。非常事態宣言時に粛々とできるもの。”

『ゴルギアス』プラトン著加来彰俊訳(岩波文庫)をリタイアして最初から読み直すことにした

『饗宴』プラトン著久保 勉訳(岩波文庫)を読んでいた時もそうだったけど、プラトンの対話篇は読みやすい反面、ソクラテスのディアレクティケー(対話の術)によって読者もアポリア(困惑)に陥ってしまう。今回読んでいる『ゴルギアス続きを読む “『ゴルギアス』プラトン著加来彰俊訳(岩波文庫)をリタイアして最初から読み直すことにした”