むずかしい本を読むということ

今読んでいる本は『テアイテトス』プラトン著田中美知太郎訳(岩波文庫)だ。これがまた結構な内容で、ここ簡単にまとめてどんな内容のものなのかを書くこともできないぐらい全くもって内容を理解していない。それでも理解しているつもり続きを読む “むずかしい本を読むということ”

すきなことをやろう

昨年から今年にかけてとある資格を取得するため申込書までちゃんと揃えて送付できる状態にまでしたが結局やめた。なぜやめたかと言うと、資格を取得してもそれほどリターンがないということと取得するのにものすごく時間を要するからだっ続きを読む “すきなことをやろう”

ついにプラトン全集が届くのだ

これまでの人生において1人の作家の本を全部集めるのは何度あったことだろう。それほどなかったように思う。この度プラトンの全集を購入したのも『ソクラテスの弁明 クリトン』プラトン著との出会いがあったからだ。そもそも古書店にい続きを読む “ついにプラトン全集が届くのだ”

『テアゲス』プラトン著北嶋美雪訳(岩波書店)をアウトプットしてみる

(解説・要約)解説(*北嶋美雪氏の解説を要約)によるとこの『テアゲス』はプラトンの作品の中でも真作と呼ばれるものでなく偽作にあたる可能性が大きいことが書いてある。その理由として①ソクラテスによる「ダイモーンの合図」がプラ続きを読む “『テアゲス』プラトン著北嶋美雪訳(岩波書店)をアウトプットしてみる”

ヤフーオークションでプラトン全集を落札した。

手に汗を握る落札劇!!ということはなくせり競う相手はたった1人、それも1回の反撃だけで相手は沈黙してしまった。そして終了の時間がやってきてプラトン全集を僕は落札したのだった。 ヤフーオークション自体で本を買うのが久しぶり続きを読む “ヤフーオークションでプラトン全集を落札した。”

『メノン』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を少しだけアウトプットしてみる。

「徳は教えることが出来るのか?」というメノンの問いから始まるが、ソクラテスは「いや、そもそも徳とは何であるかを知らなければ徳を教えることなんてできない」と答える。しかしメノンの執拗な問いかけにより「徳は教えることが出来る続きを読む “『メノン』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を少しだけアウトプットしてみる。”

今日も本を読んでいこうと思う

今読んでいる本は『メノン』プラトン著 藤沢令夫訳(岩波文庫)である。プラトンの本はこれで12冊めぐらいになる。これほどまでにプラトンにはまるなんて思っても見なかった。それも今年50歳になるおじさんが古典に目覚め、むさぼる続きを読む “今日も本を読んでいこうと思う”

睡眠は大事、というお話

ここ数日仕事が忙しく不本意ながら超勤をしてしまい睡眠時間が減ってしまっていた。そういう時は決まってネガティブな思考になってしまい、心も身体も鉛を飲んだように重たくなってしまう。ということで昨日はもう余計なことはせずにさっ続きを読む “睡眠は大事、というお話”

社会的個人と個人的個人

社会的個人という言葉も個人的個人という言葉も僕の造語である(もしかしたら社会ですでに流通しているものだったらすいません)。なんのために作ったのかと言うと、会社で仕事をする時にこの2つの言葉によって区分けをする必要が生じた続きを読む “社会的個人と個人的個人”

好きな本の好きな一文をあげてみる。

好きな本は『ソクラテスの弁明 クリトン』プラトン著 久保勉訳(岩波文庫)である。そして好きな一文とは いやしくも彼らが徳よりも以上に蓄財その他のことを念頭に置くように見えたならば。またもし彼らがそうでもないくせに、ひとか続きを読む “好きな本の好きな一文をあげてみる。”