『テアイテトス』プラトン著田中美知太郎訳(岩波文庫)をわかるところだけアウトプットしてみる

「知識とは何か?」という問いがメインのテーマ。若きテアイテトスがソクラテスに対して「知識とは感覚である」という解を手向ける。ソクラテスは自分は産婆役であり、青年たちと問答をすることによってその青年たちから新しい知識を生み続きを読む “『テアイテトス』プラトン著田中美知太郎訳(岩波文庫)をわかるところだけアウトプットしてみる”

外出自粛期間中にアウトプットしたプラトンの本一覧

外出自粛期間中にこのブログでアウトプットしたプラトンの本を一覧にしてみた。 『国家』(上) 『国家』(下) 『国家』(番外編)① ② 『饗宴』 『パイドロス』 『プロタゴラス』① ② ③ 『ゴルギアス』① ② ③ ④ ⑤続きを読む “外出自粛期間中にアウトプットしたプラトンの本一覧”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)本編を簡単にアウトプットしてみる

2回、2回読んでみたが正直理解はできていない。メモをとったり図式化しながら読んだがやっぱりよくわからない。文章は読みやすくとっかかりやすいのだが、中身が、難解だった。でもアウトプットしておかないと脳に記憶されないのでとに続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)本編を簡単にアウトプットしてみる”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を簡単にアウトプットしてみる

正直1回読んだだけでは理解できないのでもう1回読むつもりだ。プラトンの著作は主にソクラテスの対話篇からなり一問一答式のディアレクティケー(対話の術)なので読みやすい。が、中身を理解するには何度も読み込まないといけないぐら続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)を簡単にアウトプットしてみる”

『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)の解説をアウトプットしてみる

古来文学作品としても定評のあるプラトン対話篇のなかでも、『プロタゴラス』はとくに、そのすぐれた劇的描写力ともいうべきものが、充分に、のびのびと発揮されている作品である。 『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)よ続きを読む “『プロタゴラス』プラトン著藤沢令夫訳(岩波文庫)の解説をアウトプットしてみる”