『プラトンとの哲学 対話篇をよむ』納富信留著(岩波新書)を一部読んで気付いたこと

プラトン全集の1/3を読んだところで無謀にも『ソピステス』に挑戦した。しかしその難解さに潔く読むのを諦めてそこから数週間が経った。途方に暮れているところにネオ高等遊民さんの動画で「哲学書を読む意味を見出すには解説書に当た続きを読む “『プラトンとの哲学 対話篇をよむ』納富信留著(岩波新書)を一部読んで気付いたこと”

続き)シリーズ・哲学のエッセンス『プラトン 哲学者とは何か』納富信留著(NHK出版)をアウトプットしてみる

いつものようにマーカーで線を引いたところをアウトプットしてみる。 誰でもプラトンの本を手にして大きな感銘をうけ、何かが分かった気がする。(8) プラトンと私たちのあいだには、幾重ものギャップが横たわっている。(8) これ続きを読む “続き)シリーズ・哲学のエッセンス『プラトン 哲学者とは何か』納富信留著(NHK出版)をアウトプットしてみる”

シリーズ・哲学のエッセンス『プラトン 哲学者とは何か』納富信留著(NHK出版)を途中までだけどアウトプットしてみる

納富先生がイデアについてわかりやすく解説してくださっているので、そこを記憶に残すためにもアウトプットしておく 「正しい」「正しくない」と言う言葉があるかぎり、どこかに絶対的な「正しい」ことや「正しくない」ことがあるはずだ続きを読む “シリーズ・哲学のエッセンス『プラトン 哲学者とは何か』納富信留著(NHK出版)を途中までだけどアウトプットしてみる”